CLAP-N-CLANK

ワークアウト

お財布に優しいだけじゃない! 公共施設 ジムバトル [2017年9月]

お財布に優しいだけじゃない!

機能性ではそこらの民間ジムにも劣らない公共施設ジム。

 

今回は、

台東区  vs  中央区

 

台東区は、台東リバーサイドスポーツセンター

中央区は、中央区立総合スポーツセンター

 

結論から言いますと、台東リバーサイドスポーツセンター勝利

 f:id:detour88:20170922212537p:plain

 

比較する際に何を見ているかと言うと、まず、当たり前ですが料金です。公共施設の民間ジムとの最大の差別要素は料金です。

次に、広さを見ます。ただでさえ暑苦しい空間ですから、窮屈じゃない程度のスペースは欲しいですよね。

3つ目は、フリーウェイトエリアです。マックスウェイト、設備の充実度、広さ、利用ルールです。

4つ目は、マシンエリアを見ます。マシンの数、種類を見ます。

最後に、個人的には使いませんが、カーディオエリアを見ます。ざっと見て充実してるかくらいです。

  

 

それでは、

バトル!

台東リバーサイドセンターのダントツの安さ

圧倒的ですね。台東リバーサイドスポーツセンターは3時間250円なのに対して、中央区立総合スポーツセンターは2時間400円。2時間って…短すぎません?トレーニング後のケアストレッチとかも含めるわけですよ(普通は)。

2時間だったら、なんだかんだで時間がかかって一つのパーツしかできないかもですね。

 

日常が忙しく毎日通えない方は、週末や時間を調整してトレーニングするかと思います。それで、2時間しか使えないのは悲しいかと。延長はできますよ、でもプラス料金かかりますから。当然ですが。

広さはホント僅差 ただ、つくりが…

おそらく、中央区立総合スポーツセンターと台東リバーサイドスポーツセンターであまり広さに変わりません。双方ともに、マシンの置いてないエリアを2か所設けてます。

 

中央区立総合スポーツセンターは、入ってすぐにスタジオのようなスペース。レッスンが無いときは、ストレッチスペースとして利用可能。そして、マシンの奥にもう一つのストレッチスペース。台東リバーサイドスポーツセンターは、入って右手に広めのストレッチスペース。左手のカーディオエリアの奥にストレッチスペース、の2つ。

 

中央区立総合スポーツセンターは、入ってすぐのスタジオスペースが無駄に広い。私が行ったときは、そもそもレッスンのスケジュール自体ありませんでした。つまり、入っていきなりだだっ広い誰も使ってないスペースがガラン、とした感じであり、その奥にマシンやらフリーウェイトスペースがギュっと押し込められている印象。中央区立総合スポーツセンターは、スペースの無駄が多い感じがします。

一方で、台東リバーサイドスポーツセンターは、中央区立総合スポーツセンター同様、一部のスペースをレッスンとストレッチの二つの目的の為に設けています。そこは同じですが、「レッスンスペースをストレッチスペースとして利用」なのか、「ストレッチスペースをレッスンスペースとして利用」しているかの違いがあるかと思います。中央区立総合スポーツセンターは前者で、台東リバーサイドスポーツセンターは後者。ですので、台東リバーサイドスポーツセンターの方は無駄感が無いんです。

台東リバーサイドセンターのバーベルの多さたるや

フリーウェイトエリアについては、中央区立総合スポーツセンターもいいとこまで来てますが、台東リバーサイドスポーツセンターのバーベルの多さにはかないません

中央区立総合スポーツセンターの方にはバーベルがありません。私が行ったときは、ベンチプレスのバーベルでカーリングされている方がいました。

一方、台東リバーサイドスポーツセンターは、ズラッといくつものバーベルが並べられています。7.5kgから45kgまで。あれは、日本の民間のジムでもあまり見ないんじゃないかと。

 

ダンベルについては、中央区立総合スポーツセンターも台東リバーサイドスポーツセンターもあまり変わりません。ダンベルのマックスウェイトが中央区立総合スポーツセンターが30kgなのに対して、台東リバーサイドスポーツセンターは、(確か)32kgくらい。ダンベルの数もバリエーションもあまり差は無いです。中央区立総合スポーツセンターのダンベルの方がキレイですけどね(笑)

 

ベンチプレス(フラットベンチ)については、中央区立総合スポーツセンター2台。台東リバーサイドスポーツセンター3台。

スミスマシン(※)については、中央区立総合スポーツセンター1台。台東リバーサイドスポーツセンター2台。ただし、中央区立総合スポーツセンターのスミスには、ベンチが常設されてません。又、台東区が1回30分ルールなのに対して、中央区は1回20分までルール。

アジャスタブルベンチについては、中央区立総合スポーツセンターも台東リバーサイドスポーツセンターも2台。

 

※分類の都合上(フリーウェイトエリアの所に設置されている事が多いですし)、フリーウェイト、という事にしてます。

マシンはバリエーションと数で中央区立総合スポーツセンターの勝利

マシンについては、中央区立総合スポーツセンターの勝利です。

まず、ヒップアブダクション・アダクションマシンが2台あります。レッグプレス、レッグカール、レッグエクステンションもあります。後は、ケーブルプーリー1台、シーテッドロー1台、ラットプルダウン1台、ケーブルラットブルダウン1台、ショルダープレス1台等々。

 

台東リバーサイドスポーツセンターには無い物がいくつかります。例えば、シーテッドローやラットプルダウン。

逆に、台東リバーサイドスポーツセンターにあって中央区立総合スポーツセンターに無いマシンは、無かったです。

カーディオはほとんど変わりませんね

中央区立総合スポーツセンターの方が若干数が多いと思います。

 

個人的には、カーディオマシンを使う事がほとんど無いのでDONT CAREですが、結構使われる方が多いので。

 

っという事で、

順位!

1位.台東リバーサイドスポーツセンター

2位.中央区立総合スポーツセンター

ランク外 墨田区総合体育館

 

データ

台東リバーサイドスポーツセンター

f:id:detour88:20170923155501j:plain

Where

東京都台東区今戸1-1-10

Open hours

9:00~22:00 (開館の月曜日は18:00まで)

休館日:毎週月曜日(第1月曜日及び休日の月曜日を除く) 

Price

3時間250円

Other

ウォーターサーバー

更衣室(地下)

シャワールーム(無料)

レストラン併設

 

中央区立総合スポーツセンター

f:id:detour88:20170923092839j:plain

Where

中央区日本橋浜町2丁目59番1号

Open hours

7:00~21:30 (開館の月曜日は18:00まで)

休館日:毎月第3月曜日、祝日の場合はその翌日

Price

2時間400円

(早朝)1時間 200円

Other

ウォーターサーバー

更衣室(1F;ジム隣)

シャワールーム(無料)

レストラン併設

 

 

YouTubeチャネル 筋トレ ライフスタイル × 共感

体中にタトゥー

基本的には短パンとトレシャツ(タンクトップ)なサーフスタイル

 

よくある気合の入った(筋トレの型にはまった)動画とは違う感じがします。
www.youtube.com

  

トレーニングの間に『いやーキツいよね』みたいな苦笑いとか、ため息が聞こえます。それが何か凄く身近に感じさせるというか。

 

家族が大事で、自分にもみんなにも日常生活があり、日常生活タスクの優先順位がありそれでも筋トレしたい。忙しくて時間が無い。でもみんな頑張ろうぜ、という雰囲気が気に入ってます。


本人に会ったことが無いから真実はわかりませんが、ウィキとか見ると大事故からの生還やら。人生経験の濃さを伺わせます。

 

そこから生まれる発想/コンテンツには人生という共通項があるように思えます。

 

私も色々ありこの動画には静かに救われました。とにかく静かに自然と前向きにさせてくれる動画です。

 

前向きにさせるからといって、よくあるモチベーション動画の部類には入らないと思います。筋トレ中や前にモチベーションアップに見るような動画ではありません。

 

でも、何回も色んな動画を見てると伝わってくるものがあります。

 

余計な者/物を排除して、ポジティブマインドでトーレニングを通じて人生を語る動画。

 

動画レビュー 筋トレ ✖ 性別 ✖ 違い

男性のトレーニング、女性のトレーニング なるほどね、です。

 

youtu.be

 

 

紹介

男性と女性のトレーニングの特徴を比較してくれています。

 

例えば、男性と女性でトレーニングによる筋肉の付きに違いは無い、という研究結果。また、筋力比較では、一般的に男性の方が「力持ち」ですよね。でも、それって97%が「筋肉量」に起因しており「性別」による物ではない、という事。同じ筋肉量であれば、男性も女性も筋力は同じ。

 

他には、筋肉増加についての女性のポテンシャル。エストロゲンホルモンが男性の9倍ある女性は、筋肉修復や異化作用を防ぐ能力に優れている。つまり、女性が女性自身の肉体の能力を引き出してトレーニング効果を最大化するには、男性と同じでは無く、男性よりも多くのトレーニングを行う事。女性は、それができる肉体を持っている、との事。頑張れる能力、っていうんですかね。

 

その他、Type1マッスル(遅筋)が多い女性に合ったトレーニング、上半身と下半身の筋肉量のバランス等、動画の構成も含め面白い内容になっていると思います。

 

動画データ

Jeff Nippard

公開日  2017/03/15

動画時間 6:02

シーン  ボイスオーバー、トレーニングシーン

動画レビュー 筋トレ ✖ お酒

筋トレとお酒、個人的にもの凄く気になるネタです。

 

youtu.be

 

 

紹介

筋トレとお酒の関係を大きく分けて3つの観点で分析してくれてます。

 

1)脂肪蓄積、2)ホルモン影響、3)筋タンパク質合成

 

アルコールによって脂肪をより脂肪として蓄積する体内環境(脂肪消化能力の低下)になってしまう、という事。っという事で、飲んだ後の脂肪摂取は最悪。

 

ホルモン(テストステロン)影響については、概ね問題無し。減るという研究結果もあるようだが、大した影響は無く、それよりも変わらないとか逆に増えるという研究結果も、との事です。

 

筋タンパク質合成については、残念ながら、想像通りアルコールはNG。アルコールによって抑止されるのは事実。

 

それぞれの詳細な分析は、動画を見て頂ければという所で。

量はそんなに飲まないですが、私自身、お酒は欠かせないタイプです。チートデイ的な感覚で計画的に管理するべし、ですね。反省反省。

 

動画データ

Jeff Nippard

公開日  2016/10/11

動画時間 11:02

シーン  ボイスオーバー、ジムシーン有

動画レビュー 胸筋 上から見るか、下から見るか

筋トレする方なら誰しもが憧れるカッコイイ胸板。

 

カッコイイ胸板には、胸の筋肉の上部(鎖骨の下)が「モリッ」と盛り上がった感じが必要だと思うんです。

 

北斗の拳 ケンシロウみたいな。

 

胸板の上部を「モリッ」とさせるには、

第1に「時間」が必要だと思います。遺伝的な特徴として、胸が育ちやすい方もいるかと思いますが、ちょっとやそっとのトレーニングで作ることはできないと思います。 凄く当たり前の事ではありますが、非常に重要な事かと。

 ネットを検索すれば、様々な胸トレメニューが見つかります。ただ、それらのトレーニングをやる事ですぐにカッコイイ胸板を手に入れることができる、というわけでは無く、胸の筋肉の構造と基本トレーニングメニューを理解したら、後は、時間をかけて、十分に栄養を摂取し、トレーニングを継続する。

第2に胸の構造を理解する事が重要だと思います。

ATHLEAN-Xでも紹介されていますが、胸の筋肉は大きく分けて3つのエリア(上部、中部、下部)がありますが、個別に鍛えることはできません。個別に鍛えることはできませんが、特定の部位に意識を集中させる事はできる。例えば、上部は、鎖骨から上腕骨に繋がっています。つまり、上腕骨から斜め上に向かって付いているイメージです。筋肉繊維の方向を意識してトレーニングをする事が基本だとしたら、斜め上に繋がっているという事は、例えばインクラインダンベルプレス等により、上部を意識しやすい、というイメージです。

第3に基本に忠実、という所でしょうか。

上部が重要であるポリシーから外れる感じがありますが、上部を作るには基礎が必要、という事になります。インクラインのように上部を意識したトレーニングだけでなく、フラットベンチプレスをしっかり行い、胸全体を鍛えて基礎を作り上げる、という所だと思っています。

 

 

ATHLEAN-X

 youtu.be

 

紹介

JEFFさん、またマジックペンで自分にお絵かきしてます(笑)

いくつかの胸トレメニューを紹介していますが、ポイントは、上部、中部、下部に意識を集中させる「コツ」を分かり易く説明してくれています。

色んな胸トレメニューを試して試行錯誤するだけでなく、このような「コツ」がわかっていると、それぞれの胸トレメニューに深みが出ると思うんですよね。

 

動画データ

JEFF CAVALIERE

公開日  2017/07/15

動画時間 8:35

シーン  ジム内、トレーニング実践

 

Jeff Nippard

youtu.be

 

紹介

Another JEFF、 Jeff Nipppardさんのコンテンツです。

筋肉の構造を学び科学的に分析し様々な手段がある事を理解したとしても、忘れてはいけないのは、

 

Big bench have big pecs!

 

基本に忠実にフラットベンチプレスでマックスウェイト。参考文献も紹介してくれてます。

 

動画データ

Jeff Nippard

公開日  2016/12/28

動画時間 12:48

シーン  ボイスオーバー、ジムシーン有

 

YouTubeチャネル 筋トレ フィジカルマイスター

 

www.youtube.com

 

JEFF CAVALIEREチャネルは、筋トレ熱が上がり始めた頃、もっとも参考にしていた動画の一つです。アメリカ有名プロチームのフィジカルセラピストや筋力強化コーチの経験があるので、内容は確かだと思います。

 

その内容も顔もマジなのに、お茶目な所があるのが飽きさせない。例えば、筋肉の構造(繊維)を説明するのに、自分の体を使うわけです。上半身裸で筋肉繊維をマジックペンで描いて可視化するわけです。

 

目的を明確にしてその目的を達成する為の様々な手段を見せてくれる、というのが基本的な構成です。目的達成を主としているので、手段には固執していません。

 

マシン利用やトレーニング(メニュー)ノウハウを教えてくれる動画とは違い、目的を達成する為の科学的な手法 e.g., 筋肉の動きを説明してくれるといった特徴があります。

 

この視点が重要で色んなシーンで使えたりします。例えば、ジムが混雑していつも使っているマシンが使えない時、手段(マシンの使い方のコツ)しか知らない場合、そのマシンが空くまで待つわけですね。でも、筋肉の動きがイメージできる場合、特定の手段に拘らずに、臨機応変にトレーニングができるかと思います。

 

人はみなトレーニングの環境も生活の環境も自身の体環境も違うと思います。自分の環境に合わせて、自分の目的を達成する為の手段を作り上げる事ができるようになる事も、継続する力の一つですよね。この自分で模索していくプロセスが結構面白かったりしますよね。

 

動画レビュー いつ筋トレしたらいいの?

いつ筋トレしたら良いのか、悩んだ事ありませんか?

 

youtu.be

 

 

紹介

 詳しい内容は、動画を見て頂きたいのですが、私自身も共感した事を一つだけ挙げると、ウェイトトレーニングとカーディオトレーニングを組み合わせる事による効果は大したことが無く、そこに執着しすぎるとダイエット i.e., 脂肪燃焼はうまく行かない。要は、その組み合わせを組む事だけに執着しすぎて(その為の時間配分を意識しすぎて)、それぞれのトレーニングが疎かにになり、日々の貴重なジム時間の効果を最大化できない、という事。

 

「ダイエット」等の脂肪燃焼を目的にされている方でカーディオトレーニングとウェイトトレーニングの関係(順番)を意識されている方は、意識改革ができるかもですね。

 

加えて、午前トレと午後トレ、どっちが良いのかについての分析。為になります。

 

動画データ

Jeff Nippard

公開日  2017/09/02

動画時間 14:11

シーン  屋内解説、ジムシーン無し