読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CLAP n CLANK

筋トレ

NO PAIN(坐骨神経痛) NO GAIN? 肩トレ

坐骨神経痛で炎症がある間は絶対安静・・・

本当に一日中、寝たきり。トイレとご飯以外は、できるだけずっと横になっています。

 

症状が出て1か月が過ぎても痛みが取れない。痛み止めをビタミン剤のように飲んでいる毎日が続いています。本当に治るのか、という不安にかられ、肉体的な痛みよりも精神的な痛みの方がつらい。

 

そこで、決断。

 

まず、症状からして突然痛みが無くなることは無いと思われ、痛みが無くなったとしても坐骨神経痛予防を意識して生きていく必要がある。それならという事で、自分の生活リズムやスタイルを極力変えずに坐骨神経痛と生きていく為にはどうすれば良いかを考える事にしました。完治まで待つのでは無く。

 

因みに坐骨神経痛での仕事の回し方については、まさに今現在非常に不安定な状態である為、また別の機会にするとして、まずは筋トレライフについての試行錯誤をまとめようと思います。

 

ウェルネスとかダイエット等の健康維持レベルの筋トレでは無く、"strength", "size"を意識した筋トレ。ジムトレでは無く、まずは家トレで試行錯誤。

 

f:id:detour88:20170225171055j:plain

 

因みに、家にはぶら下がり健康器具とダンベルのみ。ダンベルは、5kgから30kgまで。ギアとしては、トレーニングベルト※とリストラップ。

坐骨神経痛で痛みが出ている時は、自力で腹圧を高めると痛みが出る為、トレーニングベルトは必須。

 

尚、下記のOK、NG評価は個人的な見解であり医師等の専門家と相談した結果ではありません。又、OKとしていても、当然ですが多少の違和感を感じます。

 

 

リアレイズ

リアは必須メニュー。いつもは、ワンアームリアレイズだけど、坐骨神経痛で痛みがある時のワンアームは結構つらい。左右のボディーバランスを維持しようとしてどうしても腹圧が高まってしまう。結果、痛みが出てリアレイズに集中できない(マインドマッスルコネクションできない)。

 

なので、坐骨神経痛の時のリアレイズは両腕バージョンがベター。

 

問題なのは、ワンアームの場合は、片方の腕で上半身を支える事ができていたけど、両腕の場合、上半身を支える事ができない。坐骨神経痛なので当然、何も支えなくベントできない。

 

試行錯誤の結果、方法は二つ。1)首で支える。2)インクラインベンチ代わりの何かで代用。

1)について、やってみたのは、本棚の適当の高さに何かやわらかい物(e.g., クッション)を置いてそこに額を付けて腰やお尻に負担がかからないようにベント。

感想としては、ウォームアップレベルのウェイトではできるけど、メインセットのウェイトになると首に必要以上の負荷がかかる為つらい。通常であれば、そこまで首に負荷はかからないであろうが、坐骨神経痛で30度程度しかベントできない為、どうしても首に体重が乗ってしまう。

2)については、家にはインクラインベンチは無いので、アイロン台を使ってやってみた(笑)。腰の高さまであるアイロン台で、折りたたむと脚立にもなる。脚立の形にして、アイロン台の先に胸を乗せてやってみた(

Bent Over Dumbbell Rear Delt Raise With Head On Bench Exercise Guide and Video

)。リンク先では額を当てているが、首の負荷がつらい為、胸を当てる感じ。

感想としては、良い感じ。使える。

 

結論: OK

・両腕バージョンにする事

・無理にベントしないで済むように試行錯誤(私の場合は、アイロン台を利用)

・トレーニングベルト着用

 

サイドレイズ

サイドレイズに関しては、特に対策は不要だった。ワンアームも両腕バージョンも特に痛み無くできる。

 

チーティングを使ってのヘビーウェイトサイドレイズについては、前後/上下に体が揺れる為、痛みが出る。それでも、少しぐらいのチーティングであれば、トレーニングベルトで何とか痛み無くできる事がわかった。

 

ヘビーウェイトができないので、ちゃんとイーセントリックを意識。

 

結論: OK

・特に目立った影響無し

・トレーニングベルト着用

 

ショルダーダンベルプレス

まず坐骨神経痛なので座れない。1セット所要時間くらいであれば座れるかもしれないが、座るべきではない。という事で、立ってやってみたが。。。つらい。痛みが出る。

 

軽いウェイトであればできなくも無いが、痛みが出ないようにバランスを取る事ばかりに意識がいってしまい、集中できない。当然ヘビーウェイトはできない。

 

結論: NG

・座ってのプレスはできない。

・立ってのプレスについては、バランスに意識がいって集中できない。それなら、という事で、フロント、サイド、リア等メニューで全体カバー。

 

ダンベルフロントレイズ

ショルダープレスができないのでフロントデルト対策として、日頃あまりやってないけど、フロントレイズを取り入れてみた。

 

チーティングを使うレベルのウェイトでもトレーニングベルトでなんとか対処可能。比較的影響無し。

 

結論: OK

・特に目立った影響無し

・トレーニングベルト

 

アップライトロー

ダンベルは体の横くらいに構えて、気持ちとしては、サイドデルト系メニュー。

 

チーティングを使うレベルのウェイトでもトレーニングベルトでなんとか対処可能。比較的影響無し。

 

結論: OK

・特に目立った影響無し

・トレーニングベルト

 

シュラッグ

 少し前に倒れて斜め上に引き上げるイメージでやっていたけど、坐骨神経痛なので前後のバランスは崩したくない。

 

という事で、再度アイロン台登場(笑)。今度は、インクラインベンチを使ってダンベルローを行う時のような恰好で胸をアイロン台に付ける。ほとんど立てた状態で使い、体の傾斜は10度~20度くらい。

 

これまたOKな感じ。アイロン台様様。全く痛みが無い。

 

結論: OK

・特に目立った影響無し

 

 

焦り

前回では、AKA博田法を初トライして継続を決めた所

 

近況としては、2回目のAKA博田法が済んだばかり

 

人間とは本当に欲深いもので、ペインクリニックに通って頃の神経に損傷が。。。等の強烈な不安から解消されたかと思ったら、いつ治るんだ・早く治したい、という欲求が出てくる

 

それが焦りにつながり、ネットで色々調べて自己流を試したりする

 

独学ストレッチ、同時に整体にも行った方が良いんじゃないか、ちょっと筋トレしたり、等。。。

 

今でも椅子には座れない。1分も座れない。当然、座っての仕事はできない。。。

 

焦る

 

「治るのか?」

「いっそのこと手術してみるか?」

 

こういう時は、余計な事はせずシンプルに、を基本として冷静に状況を整理

・リリカは飲まなくてもOKな状況になっている

・痛み止めは、1日2回でOKな状況になっている

・ただ、起きている間、常に臀部とハム(外側)が痛い

・右足親指の感覚が鈍くなっている

 

痛み止めの量が少なくなっている事は良いのかもしれないが、痛みが消えることは無い

それに、今まで無かった親指の感覚の問題が気になる

 

何が原因でこの痛みが出ているのか誰にもわからないし、対処の仕方もわからない

ただ、癌のように勝手に進行していくような病気ではないわけで、とにかくできるだけ安静にしている事にした

#筋トレは腹圧を高めない、腰に負担のかからないメニューを検討中(安静・・・矛盾してるんだろーな)

 

不安だ

 

イムリミットは近い

 

広告を非表示にする

関節の障害からの炎症。。。なの?

椎間板ヘルニアで手術とか言われて、セカンドオピニオンを聞く為に色々探した結果、AKA 博田法をトライしてみることにした

 

日本関節運動学的アプローチ(AKA)博田法医学会

 

ってことで、処置可能の病院に複数電話してみたが、テレビで取り上げられたとかで予約が1か月先とか、、、っで、最後に電話したのが、ここ↓

 

豊島区 整形外科 内科【あおば整形外科・内科】リハビリ

 

実は、予約電話が殺到している?望クリニックの関連医療機関らしい

 

AKA博田法 【望クリニック】 整形外科 豊島区 池袋

 

っで、そのあおばは、院長が住田憲是医師じゃないからなのか、AKAの予約がすぐ取れた

 

行ってみたら、望とあおばは同じビルに入っており、あおばでの診察も、住田憲是医師がやってる(AKA予約の場合)

 

いやー、それにしても良い感じの先生だった。痛みで精神的に疲れ果ててたのが、話を聞いて気持ちが大分スッキリ。救われた感。

 

医師「手術?必要無い!大学病院とかは、すぐやれ注射とか、やれ手術とかになるけど問題は神経じゃないんだよ。問題は関節にあるの。さっき、歩いてもらったけど、神経に問題が起きてる場合は、あんな感じに歩けないんだよね。それにブロック注射やったらしいけど、効果出てないんでしょ。それも問題が神経じゃない、って事。3か月。3か月治療を続けて様子を見て、それでも改善しなければ手術も考えればよい。手術なんてしたら100%の状態に戻ることはないだから。」

 

俺「おーはいはいはい。よろしくお願いします!」

 

実は、AKAを選んだ背景には、アメリカの坐骨神経痛処置の文献や記事を事前に読んでたから

 

坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニアに限らず様々

www.spine-health.com

 

・又、記事では、”長い間、腰や足の痛みの原因は仙腸関節にあるとされていが、ここ20~30年の間にいつのまにか、原因は椎間板にあるとされるようになった”と書かれてた

www.spine-health.com

 

つまり、重要なのは、その様々な原因から本当の原因を探してくれる先生に診てもらう事

 

AKAは、AKA博田法の施術を唯一としているのではなく、痛みの原因が仙腸関節なのか、それとも別にあるのかを探ってくれる

 

今後の筋トレの事も考えると手術とかしたくなくて悩んでいた自分にとっては、まさに神の手

 

っで、5階に上がって、先生の弟子さんにAKAを施してもらった

#多分、望だと先生自身が治療にあたるんだと思う

 

整体とは違う。骨盤をちょっと触っているレベルで、まったく痛くなくて、正直このレベルで効果はあるのかと疑ってしまう。

 

仰向けになって足を上げる角度で効果を見定めている様子。施術前はほとんど上がらなかった足が、少し上がるようになった。

 

っが、個人的には、これは単純に痛みを避けるため、日頃、筋肉の動きを避けていて筋肉が硬直していたのが、マッサージ的な物で可動域が広がったので、という所かと思ってるけど

 

どうなのか

 

1回目でも施術直後は痛みが少し和らいだ感じ

#常に痛み止めを飲んでいるので、絶対値はわからないけど、相対的に和らいだ感じ

 

ここ続けます

 

神経根ブロック注射になっちゃった!? 後半

忙しくて2回目の診察から2週間程経過

 

痛み止めは大量に処方されていたので問題無し

 

ただしあきらかに症状は悪化し、右足を引きずっている状況

 

俺「(心の声)おかしいよ。これマジで」

 

【診察 3回目】

医師「いや~よく2週間も頑張ったね~」

俺「明らかに症状が悪化してるんですよ。処方された痛み止めを大量に飲んで痛みを抑えてます。座薬もたまに使ってます。」

俺「通常はどれくらいで処置は完了するもんなんですか?」

医師「2,3回やったら大体ね」

医師「よし。じゃー、今回から処置の方向性を変えよう」

俺「?」

医師「通常の硬膜外じゃなくて仙骨部硬膜外にしょう」

俺「?」

医師「通常の硬膜外だと、ばぁ~と垂れ流すから患部にピンポイントでいってないんだよね。仙骨部から入れてより患部に近い所に薬を入れるから。それでも硬膜外だから。」

俺「宜しくお願いします!」

 

前回と同じ感じでやるんだと、思い込んでた俺。。。甘かった

 

看護婦「じゃーこのベッドに座って待ってて」

俺「(心の声)前回と同じ感じで痛い方を下にとかでやるんだろ。あの痛みは記憶した。覚悟してる」

 

看護婦に呼ばれる

 

看護婦「じゃーレントゲン室に行って」

俺「(心の声)へ?また撮るの?」

看護婦「じゃーうつ伏せになってくださ~い。ズボンちょっと下げますからね~」

俺「(心の声)え?ここで打つの?」

 

先生登場

 

医師「じゃー、ちょっと右腰を上げて~」

俺「(心の声)いや痛いんだけど。。。ただ腰を傾けるだけで痛いのにその上注射は無理なんじゃ。。」

 

超ビビる俺

明らかに注射を意識してる

 

医師「じゃーいきますよ?」

 

レントゲンを撮りながら打つらしい

 

俺「うぐっ!」

 

半端ない痛さ。前回とは比較にならない。

 

前回汗をかいたので、今回は半そでになってたけど一瞬で汗だく

 

体が震え。耐えられない。マジで。耐えられない。

 

息ができない。痛すぎて。グググゥゥ。神経を引っ張れる感じ。ヤバい。

 

絞りだしたのが

 

俺「ちょっ。。ちょっと待ってください。。」

医師「え?痛い?」

俺「もの凄く痛いです」

 

ふぅ~ふぅ~ 深呼吸

 

医師「ここが痛い?おかしいな~」

 

こっちはレディーゴーって言ってないのに勝手に処置再開

 

俺「ちょっ待って。。痛いっす!」

医師「え?。。。あっあーわかった。そういう事ね。神経いってる。」

医師「神経根」になっちゃったね。

俺「(心の声)なんだ神経根って」

俺「後どれくらいですか?」

医師「今、三分の一くらいだね」

俺「わかりました。やってください。」

 

覚悟を決めて、後は、全身を震わせながら、全身のエネルギーをガマンに集中

 

終了

 

看護師「痛かったね~」

 

医師と看護師に支えられながらレントゲン台から降りてベッドに

 

看護師「じゃー、1時間休もうね」

 

横になりながら神経根を調べる

 

神経に注射?マジで?

 

仙骨硬膜外が神経根ブロック注射になる事ってあるのか?

 

なんであれ。あの痛みは2度と経験したくない。

 

1時間経って

 

医師「じゃー、次回また注射ね。次回状況を見て次のステップ i.e., 手術に行くか判断しよう」

俺「(心の声)。。。手術。。。マジか」

 

看護師「1時間経ったんで立てそうだったら立ってください」

俺「ハイハイ全然大丈夫す」

俺「(心の声)あれあきらかに前回と何か違う。膝に力が入らない。。。足がうまく動かない。フワフワしてる。カクッて倒れそう。。。ヤバくないか。これ。」

 

とか、思いつつも慎重に足元を確認して歩きながら、

 

対処療法ではなくて別の方法を模索してみようかな。

そもそも、ヘルニアでなんで坐骨神経の一部だけが痛くなのかよくわからない、っと疑問に感じながら痛み止めを飲む日々

 

早くガッツリ筋トレしたい!

 

神経根ブロック注射になっちゃった!? 前半

あまりにも右臀部が痛くて右足の後ろが痺れるから病院に行ってみた。

 

【診察 1回目】

レントゲンの結果、

 

医師「あーよくわからないね~とりあえずMRIね」

俺「(心の声)。。。なんか軽い先生だな。。。大丈夫?」

 

医師「とりあえず硬膜外ブロック注射しようか」

俺「え!いやちょっと待ってください。なんですかそれ?」

医師「あー。脊柱に麻酔薬を垂れ流すんだよね。どう?」

俺「脊柱!!!いやちょっと待ってください。。。。とりあえず、MRIの結果見てからで良いですか?」

医師「あーそーする?それでもいいよ」

俺「(心の声)どこが問題なのかわからないのに注射ってどういうことよ。。そんなヤバい感じなの。おれ?っていうか、軽いな。そんなもんか背中に注射って」

 

注射自体そんなにしないのに背中に。。。脊柱に注射って。。。ありえないでしょって事でまずは逃げた初診。

 

【診察 2回目】

椎間板ヘルニアかなーと思ってたら、MRIの結果、

 

医師「あー立派な椎間板ヘルニアだね~とりあえず硬膜外注射しようか」

 

この時は、既に1分も椅子に座れない程の痛みがあって、なんでも良いからこの痛みを無くして欲しくて、

 

俺「お願いします!」

 

再度レントゲン撮影して、何やら注射の準備

 

看護師「じゃー。痛い方(右)を下にしてベッドに寝てください」

俺「・・・」

医師「じゃー、いきますよ~。」

 

注射

 

医師「これわかる?ここは?」

俺「え?あ。大丈夫です。(心の声)わかるって何?」

 医師「あれ?違ったかな~じゃーこっちから行こう」

 

注射2トライ目

そこから何か急速に違和感が。。。そして

 

俺「うぐっ。。。」

 

強烈な痛みが。。。なんだこれ

 

俺「先生。。ヤバいっす!痛すぎます」

 

体の中に手を突っ込まれてググゥーと引っ張られる感じ

 

先生「あっ。神経の方いっちゃったか?大丈夫?」

 俺「いや。。。ガマンします」

 

体が震え、大量の汗

 

そして終了

 

医師「痛み止めもいっぱい出しといたから、痛いと思ったら好きな時に飲んでね~」

 

1時間程度ベッドで休む

 

1時間程度経ったら復活したけど、はじめは前も後ろも麻痺してビビった

 

俺「(心の声)これって治療してんのかな~対処してるだけって先生言ってたし、いつ治るんだろ。。。ガッツリ筋トレできる日が来るのだろうか」

 

処方薬

・座薬 ボルタレンサポ

・リリカカプセル

・ロキソプロフェン錠+レパミピド錠