CLAP-N-CLANK

CLAP-N-CLANK

ワークアウト

500円以下で使える激安ジム!新宿区のおススメ公共施設|新宿スポーツセンター

お財布に優しいだけじゃない!

機能性ではそこらの民間ジムにも劣らない公共施設ジム。

 

それに、公共施設は、時間が無い人の強い味方

基本的に非会員性(都度利用)なので使わなければ課金される事はありません。

月会費の為に、無理して(睡眠時間を削ったり等)時間を調整しなければいけない、というような事もありません。

 

トレーニー視点では、絶対的に都度利用の方がお得なわけです。

 

ただ、普通の民間ジムで都度利用とかすると月額料金がヤバい金額になります。

#フィットネスジム運営は、継続的に収益が入ってくるようにするビジネスモデルが基本ですから(実際は使っていなくても;スマホの月額料金のように)、都度利用料金は高く設定されています。

 

そんな時に、都度利用料金が安いうえに設備機能面でも十分な公共施設のジムはかなり使えます。

 

そんな公共施設ですが、今回は、

新宿スポーツセンター

そして、対戦相手は、

 台東リバーサイドスポーツセンター

 

という事で、

新宿区  vs  台東区

 

それでは、いつもの比較指標です。

比較する際に何を見ているかと言うと、まず、当たり前ですが料金ですよね。公共施設の民間ジムとの最大の差別要素は、なんと言っても料金。

 

次に、広さを見ます。
ただでさえ暑苦しい空間ですから、窮屈じゃない程度のスペースは欲しいですよね。

3つ目は、フリーウェイトエリアです。
マックスウェイト、設備の充実度、広さ、利用ルールです。

4つ目は、マシンエリアを見ます。マシンの数、種類を見ます。

 

結論から言いますと、

 

台東リバーサイドスポーツセンター

 

の勝利!

 

f:id:detour88:20180129160602p:plain

 

 

トレーニングジム比較

「料金」台東リバーサイドセンターのゆるぎない安さ

  • 台東リバーサイドスポーツセンター 3時間250円
  • 新宿スポーツセンター       3時間400円

圧倒的ですね。

果たしてこの台東リバーサイドスポーツセンターの安さに勝てるジムは存在するのか?

  

「広さ」は台東リバーサイドスポーツセンターの勝利

絶対的な広さでも台東区リバーサイドスポーツセンターの勝利ですが、そもそもの作り(空間設計)のせいで新宿スポーツセンターは、より狭く感じます。

 

ランク外にしている墨田区総合体育館と同様に細長なんです。墨田区総合体育館を一回り大きくした感じなのが新宿スポーツセンターという感じです。

 

新宿スポーツセンターのフリーウェイトスペースは一番奥にあるのですが、細長だと、どうしても無駄な導線が生じます。例えば、冷水器がジムの外にあるので、水を足しに行くときも戻ってくるときも、用もないのに必ずストレッチ、マシン、カーディオスペースを通る必要があります。

 

ジムも無駄な導線が無い方が絶対的にプラスだと思います。

 

後、因みに、新宿スポーツセンターにはストレッチスペースが一つだけです。

 

「フリーウェイト」は甲乙付け難い

パワーラック

新宿区には、さらにスクワットラックのようなスタンドもあります。

台東区には、スクワットラックもパワーラックもありません。

 

ダンベルについて、台東リバーサイドスポーツセンターの勝利です。

新宿スポーツセンターは、28.5kgの上に、一つしかありません。

 

ベンチプレスについて、台東リバーサイドスポーツセンターの圧勝です。

 

アジャスタブルベンチ

フラットベンチ

 

バーベルについては、台東リバーサイドスポーツセンターが7kgから40kgまでのバーベルをそれぞれ揃えているのに対して、新宿スポーツセンターは、そこまでバーベルの揃いが良くありません。

 

「マシン」も甲乙付け難い

スミスマシンが2台ある所が台東区の特徴でもありますが、その他通常のマシンは新宿スポーツセンターの方が若干豊富でしょうか。

 

スミスマシン

 

ケーブルプーリー

 

ざっと、その他、新宿スポーツセンターのマシンをおさらいすると、

  • レッグプレス
  • レッグカール
  • レッグエクステンション
  • シーテッドロー
  • ラットプルダウン
  • ショルダープレス
  • ペックフライ
  • 等々

 

台東リバーサイドスポーツセンターにも、上記大半のマシンがありますが、シーテッドローがありません。又、レッグエクステンション、ペックフライが1台ずつしかありません。

 

続いてさらっと2位争い

中央区総合スポーツセンターの勝利になります。

 

一番の理由は広さになります。

フリーウェイトについては、明らかに新宿スポーツセンターの勝利ですが、逆にマシンについては、中央区立総合スポーツセンターの勝利です。

 

f:id:detour88:20180129160651p:plain

 

まとめ 

如何でしたでしょうか?

 

新宿の致命的な所は、あの造りです。広く無いため、設備のバリエーションが少ない。それに加えて、無駄な導線が生じている設備配置。

 

入口の場所を変える事ができれば、大分違ってくる印象です。

 

ランク1位の台東リバーサイドスポーツセンターのレイアウトです。

f:id:detour88:20170924154710p:plain

 

ランキング

1位.台東リバーサイドスポーツセンター

2位.中央区立総合スポーツセンター

3位.新宿スポーツセンター

ランク外 墨田区総合体育館

データ

新宿スポーツセンター

Where

東京都新宿区大久保3-5-1

Open hours

9:00~22:00 

Price

3時間400円

Other

ウォーターサーバー

更衣室(2F;ジム内)

シャワールーム(無料)

レストラン併設

 

台東区中央区のデータ↓

detour88.hatenablog.com