CLAP-N-CLANK

CLAP-N-CLANK

ワークアウト

【世界のジム】アメリカの筋トレメッカ|西の横綱・ゴールドジムベニスビーチ

ついに、筋トレのメッカ

ゴールドジム ベニスビーチ

に行ってきました!

 

f:id:detour88:20171217195258j:plain

 

時代の変化の中 ゴールドジム

アーノルド・シュワルツェネッガー等、60年代のボディービル黄金時代、

ボディービルが大衆に認知されていない(※)頃からゴールドジムはベニスに存在し、

※今でもそうかもしれませんが(笑)

 

ソーシャルメディアを活用し筋トレをビジネス化する新世代の躍進(e.g., カラム)であったり、

#今では、これら欧米の動きをフォローして日本でも複数の筋トレユーチューバー(e.g., カネキン

 

筋トレ環境や手法の革新や、

筋肉崇拝者(細マッチョブーム)の人口や人口分布が世界的に増加・広がりを見せている

#ここら辺はざっくりと、1977年のボディービル ドキュメンタリー”Pumping Iron”を見て、2017年に公開された"Generation Iron2"を見ると、変化が分かり易いかもです。

 

そんな日々変化し続ける環境の中で、ずっとベニスにあり、今や、”メッカ”と呼ばれているのがゴールドジム ベニスビーチです。

 

ついに、行ってきました!

 

朝一入店は良いかも(笑)

朝一で開店と同時に入ったので、ほとんど人がいませんでした。

因みに、有名人に会いたいといった目的が無く、トレーニングがしたいという事であれば、朝一に行くことをお勧めします

 

理由は....ちょっとここでは言わないほうが良いと思うので、伏せときます(;^_^A

常にその恩恵を受ける事ができるわけでは無いと思いますが、良い事がある「かも」です(ビジターの場合)。

 

後、利便性を考慮するとトレーニングウェアのまま入店した方が良いと思います。

更衣室で着替える人はいませんでした。土足ですしね。

 

むき出し、荒削りなハードコア

ざっくりと造りの説明をすると、3つのスペースに区分されています。

  • 入口入ってすぐのスペースにスクワットラックが複数設置されてあり、ハードコアな雰囲気がもっともする場所、という印象です。
  • 真ん中のスぺースは、あまり印象が残っていませんが、ロフトスペースがあり、そこがストレッチスペースになっています。
  • 一番奥のスペースに、カーディオマシンが多数設置されています。マシン系も設置されています。ダンベルMAX重量200ポンドがここに置いてありました。

f:id:detour88:20180101195027j:plain

 

因みに、入口から見えるスペースだけでは、実際の広さは分かりません。

 

私が行った時は、やはりスクワットラック等フリーウェイト系が集中している入口直のスペースに本格派連中がいっぱいいました。

どっかで見たことがあるようなビルダーらも。

 

コミュニティーという言葉では表せない、そこは「ワールド」でした。

f:id:detour88:20180101195154j:plain

  

f:id:detour88:20180101195226j:plain

 

オリジナルゴールドジムとの偶然の出会い

トレーニングの後、

久しぶりにベニスビーチが見たいなと思い、適当に歩いてたら、

 

偶然、

オリジナルゴールドジム

に出会いました。

f:id:detour88:20180101194845j:plain

 

Pumping Ironで、アーノルド・シュワルツェネッガーのトレーニングシーン等で登場していた場所ですね。

 

結構狭い。

 

この狭い空間でトレーニー中心の独特のコミュニティーが形成され、世界一が生まれていたわけですね。

 

 

データ

Where

360 Hampton Dr, Venice, CA 90291

 

その知名度から、さぞ賑やかな場所にあるんだろうと思ってたら、閑静な住宅街。

「場所、間違った?」とか思っちゃいました。

 

Open hours

平日 4時00分~0時00分
週末 5時00分~23時00分

詳細は、こちら

 

Price

ビジター 20ドル