CLAP-N-CLANK

CLAP-N-CLANK

ワークアウト

300円以下で使える激安ジム!中野区のおススメ公共施設|中野体育館

お財布に優しいだけじゃない!

機能性ではそこらの民間ジムにも劣らない公共施設ジム。

 

それに、公共施設は、時間が無い人の強い味方

基本的に非会員性(都度利用)なので使わなければ課金される事はありません。

月会費の為に、無理して(睡眠時間を削ったり等)時間を調整しなければいけない、というような事もありません。

 

トレーニー視点では、絶対的に都度利用の方がお得なわけです。

 

ただ、普通の民間ジムで都度利用とかすると月額料金がヤバい金額になります。

#フィットネスジム運営は、継続的に収益が入ってくるようにするビジネスモデルが基本ですから(実際は使っていなくても;スマホの月額料金のように)、都度利用料金は高く設定されています。

 

そんな時に、都度利用料金が安いうえに設備機能面でも十分な公共施設のジムはかなり使えます。

 

そんな公共施設ですが、今回は、

中野体育館

f:id:detour88:20180321175652j:plain

そして、対戦相手は、

港区スポーツセンター

 

という事で、

 

中野区 vs 港区

  

いつもの比較指標です。

比較する際に何を見ているかと言うと、まず、当たり前ですが料金ですよね。公共施設の民間ジムとの最大の差別要素は、なんと言っても料金。

次に、広さを見ます。
ただでさえ暑苦しい空間ですから、窮屈じゃない程度のスペースは欲しいですよね。

3つ目は、フリーウェイトエリアです。
マックスウェイト、設備の充実度、広さ、利用ルールです。

4つ目は、マシンエリアを見ます。マシンの数、種類を見ます。

 

っで、いきなり結論です。 

引き分け~

 

悩みました。。。

 

f:id:detour88:20180321175600p:plain

 

 

トレーニングジム比較

「料金」中野区の圧勝

中野区 時間無制限 300円

港区  時間無制限 800円(区外者)

 

台東区に次いでの激安っぷり!

 

しかも、足立区、港区、千代田区大田区、北区に続いて来ました。

時間無制限!

 

「広さ」狭い!中野区です

久しぶりの狭さです。

 

狭いは狭いですが、狭さを考慮したジムデザインになっていると思います。

簡単に言うと、カーディオ機器が少なくて、フリーウェイトエリアが広い。

 

あの狭さですから、フリーウェイト系にターゲットを絞ったんでしょうか。

結果、導線がシンプルになり、納得のいく造りになっていると思います。

 

因みに、中野体育館には、屋外トレーニングエリアがあり、サンドバック、ディップマシン、ハイパーエクステンションが置いてあります。又、ストレッチスペースもトレーニングエリアとは別に設けてあります。狭いですが・・・

この屋外エリアとストレッチスペースも含めると、結構広くなります。

 

ざっくりと造りをご紹介すると、

  • 利用券は地上階の窓口で買います。
  • トレーニングルームは地下にあります。
  • 更衣室もシャワールームもあります。

 

トレーニングルームの説明は不要なくらい、入口から全部見える広さです。

  • 入口すぐがマシンエリアで、左手がフリーウェイトエリア
  • 壁際の空きスペースに、カーディオが数台
  • 右手奥にストレッチ「部屋」
  • 入口まっすぐの突き当りのドアの向こうが屋外スペース

  

「フリーウェイト」中野区の勝利

中野区の勝利です。

最大の理由は、パワーラック&スクワットラックになります。

あの狭さで、方向性が分かり易い機器選択だと思います。

 

フラットベンチプレスは、中野区の勝利。

  • 中野区 2台
  • 港区  1台

中野区のベンチプレスの特徴は、バーの重さが15キロ。若干細い感じもしますし、初めて使いました。

因みに、中野区のフラットベンチプレスは予約制(1回30分)です。利用者は利用時間を書く。次の予約者は名前を書いて予約。

 

パワーラックは、中野区も港区も1台。

スクワットラックは、中野区にはありますが、港区にはありません。

パワーラックもスクワットラックも予約制です。

 

フラットベンチ

  • 中野区 4台
  • 港区  1台

 

アジャスタブルベンチ

  • 中野区 1台
  • 港区  3台(1台はスミスマシンに設置)

 

ダンベルは、中野区勝利

  • 中野区  Maxダンベル・ウェイト 30kg
  • 港区   Maxダンベル・ウェイト 25kg

 

 

「マシン」は、圧倒的に港区の勝利

いや、まーあの狭さですから置くスペースが無いんですよね。

 

ざっくりというと、

  • レッグプレス
  • レッグカール
  • レッグエクステンション
  • チェストプレス
  • ケーブルラットプル
  • ローイングマシン
  •  アブドミナル

 

まとめ 

如何でしたでしょうか?

 

台東区に次いで激安の

260円!

しかも、時間無制限。

 

ただ、この価格設定で、あの広さ、、、

混雑しまくって大変な事になりそうだけど、いつもは、どうなんろ。

 

因みに、私が行ったときは、全く混雑していませんでした。

 

あと、非常に特徴的に感じたのは、女性が一人もいないという事!

置いてある機器が古く荒い感じであることは確かですが、似たような他のハードコアのジムでは大抵女性はいます。

なんででしょう。天気が悪かったせいもあるんでしょうか。

もしくは、あの狭さと地下にあるのでイメージが良くないとか・・・?

 

ただ、別にトレーニーがマッチョというわけでは無く、周りに大学施設が多いせいか、学生っぽいトレーニーが大半でした。

ですので、入りにくい~という感じはありません。

流れている曲も流行りの筋トレ洋楽でしたし。

 

重要な事を言い忘れましたが、利用するには利用登録が必要になります。

利用登録は無料ですが、写真が必要で、

写真は縦3cm×横2.5cmで、最近(6ヶ月以内)撮影されたもの。スナップ写真の切り抜きでも結構です。

との事です。

 

余談ですが、トレーナーの方のジャージ(ウルトラマンシリーズの隊員が着てそうなカラーリング)をどこかで見たことがあると思ってたら、運営会社が荒川総合スポーツセンターと同じなんですね(アスレティッククラブ TAC)。

 

ランキング

1位.駒沢オリンピック公園総合運動場トレーニングルーム

2位.東京体育館フィットネスアリーナ

3位.世田谷区立大蔵第二運動場

4位.台東リバーサイドスポーツセンター

4位.北区滝野川体育館

4位.東京武道館

7位.足立区総合スポーツセンター

8位.葛飾区奥戸総合スポーツセンター

9位.大田区立大森スポーツセンター

10位.中央区立総合スポーツセンター

11位.千代田区立スポーツセンター

12位.江東区スポーツ会館

13位.港区スポーツセンター

13位.中野区 中野体育館

15位.荒川総合スポーツセンター

16位.池袋スポーツセンター

17位.新宿スポーツセンター

 

ランキングを言い換えると、

  • 第1グループは、1位と2位で別格。
  • 第2グループは、3位が単独で第1グループを追う感じ。
  • 第3グループは、4位から12位までが一般的な常用ジムという感じ。
  • 13位以下は、トレーニングとは別観点で印象に残っているジム群。

 

番外編:中野区おススメの筋肉カフェ

ミールリプレースメントシェイクをご存知でしょうか?

その名の通り、ご飯の代わりに飲むシェイクです。

 

以前、どうしても朝ご飯が摂れない時とか、ミールリプレースしていました↓

結構うまいです(スイカ味が好み)。

 

因みに、中野には、ミールリプレースメントシェイクを提供しているお店があります。今回は、ちょと寒くて行きませんでしたが、以前、行った事があるのでご紹介です。

www.dnscafe.jp

 

ここの売りは、シェイクだけではありません。

注文方法も変わっていて、アプリでできたり、お店に設置されているデバイスでやったりと、普通とは違うお店です。

それに、普通のご飯も食べれるのですが、パワープレートといって、自分で摂取したい栄養を選んでプレートをカスタマイズできちゃったりと。

 

今度暖かくなってから、また行ってみたいおススメ店です。

 

データ  

Where

東京都中野区中野4-11-14

Open hours

平日・土曜 9:00~23:45

日曜・休日 9:00~21:45

Price

時間無制限 260円

Other

ウォーターサーバー

更衣室 

シャワールーム(無料)