CLAP-N-CLANK

ワークアウト

NO PAIN(坐骨神経痛) NO GAIN? 胸トレ

坐骨神経痛でのワークアウト模索中。

とりあえず、ジムトレでは無く、まずは家トレで試行錯誤。

 

因みに、家にはぶら下がり健康器具とダンベルのみ。ダンベルは、5kgから30kgまで。ギアとしては、トレーニングベルト※とリストラップ。

坐骨神経痛で痛みが出ている時は、自力で腹圧を高めると痛みが出る為、トレーニングベルトは必須。

 

尚、下記のOK、NG評価は個人的な見解であり医師等の専門家と相談した結果ではありません。又、OKとしていても、当然ですが多少の違和感を感じます。

 

 

ダンベルプレス(もどき)

家にはベンチプレス台が無いので、ベッドに寝転がって(笑)。フォームは無茶苦茶。そもそも、ダンベルを持つとベッドに体が沈みますから。。。結果、ストレッチができない。

ですが、やらないよりましかな。それに、三角筋との関係において、前ならえしてからダンベルを寄せる所までが胸の筋肉優位になると思っているので意味はある、という事で、できるだけ胸の伸縮を意識しながら。

感想としては、マッスルマインドコネクションを意識しやすい。ジムだと、設備がしっかりしているだけにウェイトを上げることにどうしても意識がいってしまう。家トレでしかも、軽いウェイトしかダメ、という状況では、自然と筋肉の収縮に意識がいく。神経系のスキルが上がっていく感じ。意識が上手くいっているのか、結構効いている感あり。腰にも特に負担が無いので良い感じ。

 

結論: OK

・特に影響無し

・トレーニングベルト着用

 

 ナローダンベルプレス(もどき)

ダンベルプレス同様、ベンチが無いので、ベッドの上で(笑)

感想としては、ダンベルプレスと同様良い感じ。

 

結論: OK

・特に影響無し

・トレーニングベルト着用

 

 ダンベルプルオーバー

ダンベルプレス同様、ベンチが無いので、ベッドの上で(笑)

感想としては、ダンベルプレスと同様良い感じ。

 

結論: OK

・特に影響無し

・トレーニングベルト着用

 

??? for upper chest

名前はわかりませんが、伸縮を感じるのでやっているのが、どこかの海外youtuberが紹介していた、フロントレイズ的なやつでインターナルロテーションを加えながら、斜め上(内側)にダンベルを上げる感じ。肘は若干曲げています(胸の伸縮を感じれれば、という事であまり肘の角度は意識していませんが)。ダンベルを持っていない方の手は、効かせたい(upper chest)部分をさわりながら。

感想としては、全くもってして問題無い。

 

結論: OK

・特に影響無し

・トレーニングベルト着用

 

 DIPs

家にはぶらさがり健康器具があり、DIPsもできます。

感想としては、胸に効かせようとしてあまり傾斜をつけすぎると痛みがでるので、そこを気を付ければ全く問題無し。

 

結論: OK

・特に影響無し

・トレーニングベルト着用

 

 まとめ

という事で、胸トレについては、概ね問題無し。NGメニューは無しでした。ただ、ウェイトが軽いので効率性に劣りますが、スキルの向上という位置づけで意味があると思っています。